備考 欄 英語。 備考英文,備考的英語翻譯,備考英文怎麽說,英文解釋例句和用法

「備考」の3種類の英語表現を徹底解説!

ほとんどの方が聞いたことのあるであろう「備考」、なんとなく使っている方も多いでしょうがその意味や使い方について正確に理解できているでしょうか。 (彼は私によくやったと言ってくれた) 上の例文では「remark」が名詞の「意見」という意味で使われています。

7
Lands department practice note issue no. 同意語として使われていることが多いですが、それぞれどのような意味合いがあるのでしょう。

「備考」の意味と使い方とは?「補足」「摘要」「注」との違い

伝票や帳簿には「備考欄」が備わっていることがありますが、「摘要欄」と異なり参考程度に書き添えておくような情報を書く為の欄です。

16
「remark」は「リマーク」と読みます。 Article 34-2 The substances to be prescribed by the Ordinance of the Ministry of Health, Labour and Welfare set forth in item 634. 同じく「補記(ほき)」も「補って書き足すこと」で、「付記」「補記」ともに書き記したり書き足した箇所そのもののことも指します。

備考欄 を 英語

「考査」や「選考」「参考」と同様の使われ方と説明できます。

11
大切なことを伝える際には「摘要欄」、参考程度に伝えたいことを書く場合は「備考欄」と覚えておくと良いでしょう。 ) You need to add some footnotes. 参考してほしいことや、注釈のこと又は「備考」のことは英語で「notes」と「remarks」といいます。

「備考」の3種類の英語表現を徹底解説!

上記の例の場合、「クーリングオフ制度」を当てはめることにより今回の契約を解除することができることを意味しています。 また「要」は「大切なところ」や「入り用である」、「まとめる」といった意味です。 : remark• : mpacc• Lands department practice note issue no. その為2つの漢字を合わせた「摘要」は「大切なところを選び出す」、つまり「要点を抜書きすること。

20
gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。 ・伝票の摘要欄は特に入念に確認するように指導されてきた。

「備考」の意味と使い方とは?「補足」「摘要」「注」との違い

「備考」と似た言葉との違い 「備考」の意味が分かったところで、「備考」と似たように使われる言葉がたくさん思いつくのではないでしょうか。 「あらかじめそなえること」「そろう」「必要なものがそろうこと」「そなわる」といった意味があります。 「補足して説明します」「補足いたしますと」などとして使われます。

13
「クーリングオフ制度」とは「一定の契約に限り、一定期間、説明不要で無条件で申込みの撤回または契約を解除できる法制度」です。

備考欄

: remark• 「適用」は例えば「今回の件にはクーリングオフ制度を適用することができる」のように使います。 「備考」や「備考欄」は 備考が記される箇所で、本文の内容と関連することなので知っておくと助かるという程度の内容が記されます。 「備考」と「付記」「補記」の意味の違い 「付記(ふき)」とは読んで字のごとくで、「本文に付け加えて書きしるすこと」を意味します。

15
: pro forma invoice• : preparing for exams,; study for a test; study for an examination; study for the exam; to prepare for the examination• つまり「摘要」は本文と同じ内容が形を変えて書かれており、一方「備考」は本文を補うための別の内容が書かれています。