訂正 箇所。 「訂正」と「修正」の違いとは?使い分けや類語も解説[例文あり]

訂正印の押し方は?複数箇所を訂正する場合や基本ルールまとめ

それから、訂正した部分、もしくは欄外の字数を記載した部分に訂正印を押します。 訂正箇所が多く、書類を汚してしまった場合は、相手に陳謝した上で作り直すようにしましょう。 【重要】など 目立つ件名にすることをオススメします。

」と伝えましょう。 【正】(正しい内容) 注意点:訂正メールでは、用件は訂正だけに留める 訂正メールは文量が少なくなり、つい他の要件と一緒に盛り込んでメールを送信しようとしてしまう人もいるのではないでしょうか。

契約書の間違いの訂正方法|捨印/加筆/覚書/削除/日付/金額

2016年12月13日• 訂正は慎重におこないましょう。 2017年10月3日• 二刀流スタイルを確立することで、• 処分は慎重におこないましょう。

11
3、「是正(ぜせい)」 「悪い点や不都合な点を改め正す」、「誤っている点をなおして正しくする」という意味です。 そして、訂正印は誰もが手に入れられるようなシャチハタではなく、必ず正式なハンコである必要があります。

印刷物に間違いがあったときの訂正シール、正誤表、お詫びと訂正文

2015年7月23日• 版下は、ワードなどで、誤記の箇所の文字と見た目が似ているフォントで同じくらいの大きさの文字を打って作ります。

7
定期発行物の場合は、次号の最後のページに お詫びと訂正を載せる方法もあります。 何かを変えたい場合に「変更をお願いいたします」のような使用が可能です。

へるす出版 訂正・修正のお知らせ一覧

数字(お金)は重要ですからね 訂正後の数字には前に「¥」後ろに「-」を付け 別の人に改竄されないように気を付けましょうね。

しかし捨印をすると 知らないうちに無断で文書内容を変更されてしまう恐れがある ため、基本的には安易に捨印をするべきではなく、訂正のあった都度、訂正箇所 に訂正印を押すようにします。 大事な文書は正確に書くことが大前提ですが、人の手によることなので、間違いを完全になくすことは無理でしょう。

「訂正」と「修正」の違いとは?使い分けや類語も解説[例文あり]

二重線の近くに訂正印を押す。

追加した文字・・・「追加」または「加入」、「加筆」と書きます。 訂正印の押し方 訂正印の押し方には厳密な決まりはありません。

【訂正メールの書き方】ビジネスメールの内容に誤りがあった時の訂正方法

2010年11月16日• 2013年11月21日• そこで活用したいのが、「」です。 やむを得ず書類に修正点が発生したときは、 「誰が責任をもって修正したのか」を明らかにする必要があります。 添付ファイルを誤って送信してしまった…• 訂正印が使えない主な書類は、領収書や請求書といったお金にかかわる書類には訂正印を使わない方がいいでしょう。

9
金額の場合• 文書の文字を削除したいところに二重線を書きます。 訂正印ってどんなときに使うもの? 押し方の決まりは? そもそも、訂正印とはなぜ必要になるのでしょうか? ビジネスの場面などでは、契約書やお金に関わる書類から 軽微な庶務的書類まで、非常に様々な書類を作成する機会があります。