交野 支援 学校 四條畷 校。 大阪府立交野支援学校

通学区域一覧

四條畷市砂にある交野支援学校四條畷校は、昭和58 1983 年に旧大阪府立四條畷北高等学校とし開校し、平成22 2010 年4月から現在の校名になっています。

9
特別支援学校制度の導入により、付で大阪府立寝屋川支援学校へと名称変更している。

大阪府/支援学校一覧

沿革 [ ] 大阪府で8番目の養護学校・大阪府立寝屋川養護学校として1975年に開校した。 現在の大阪市から大東市、東大阪市、八尾市あたりまで及んでおり、「河内湾」と呼ばれています。 昭和57 1982 年7月、建設予定地の埋蔵文化財試掘調査に着手したところ、思いがけず多数の土器が出土しました。

採集したどんぐりなどを加工調理する場であったと思われます。 深鉢(ふかばち)の特徴は、粗い縦方向の縄文と爪を押しつけたような爪形文(つめがたもん)や二枚貝の貝殻圧痕をめぐらせます。

大阪府立交野支援学校

初期のものには口縁部(こうえんぶ)の外側に二枚貝の貝殻圧痕をめぐらせるものもあります。 1月31日 - 寝屋川市大字寝屋2100番地(現在地)の学校敷地を購入。

2
大津市滋賀里遺跡出土土器を標式資料とします。

大阪府/支援学校一覧

深鉢(ふかばち)は、削りを主とし、二枚貝条痕による調整が特徴です。 4.縄文時代中期の土器 5.セットで出土した石皿と磨石(すりいし) 6.縄文時代中期の頃の大阪(梶山彦太郎・市原実『大阪平野のおいたち』の図を基に作成) 縄文時代の土器棺(どきかん)と土偶、石器 写真8は、縄文時代晩期の滋賀里3式土器の深鉢(ふかばち)で、ほぼ完全な形で残っていました。

2
特別支援学校制度の導入により、付で大阪府立寝屋川支援学校へと名称変更している。 このページの作成所属. 縄文時代中期の遺構面では竪穴住居などは発見されていませんが、どんぐりや木の実などを磨りつぶす道具である石皿と磨石(すりいし)がセットで地面に置かれていたり、磨石(すりいし)が2個と4個、それぞれきちんと並べられた状態で見つかっています。

大阪府立寝屋川支援学校

深鉢(ふかばち)は、削りを主とし、二枚貝条痕による調整が特徴です。 また、土坑(どこう)の中に骨片が発見されたものがあります。 調査は敷地東側のプール、体育館及び校舎棟の予定地を対象とし、もっとも深い部分で地表から2メートル余りの深さまで掘り下げました。

深鉢(ふかばち)の特徴は、粗い縦方向の縄文と爪を押しつけたような爪形文(つめがたもん)や二枚貝の貝殻圧痕をめぐらせます。 、南野二丁目、南野三丁目、南野四丁目、南野五丁目、南野六丁目、大字南野、塚脇町の各地域 四條畷市立田原小学校 大字上田原、大字下田原、田原台一丁目、田原台二丁目、田原台三丁目、田原台四丁目、田原台五丁目、田原台六丁目、田原台七丁目、田原台八丁目、田原台九丁目、さつきケ丘、緑風台の各地域 四條畷市立四條畷南小学校 中野新町、美田町、米崎町、楠公一丁目、楠公二丁目、南野一丁目1番1号から3号まで、1番24号から32号まで、5番から6番まで、7番1号から15号まで、8番6号から22号まで、14番11号から21号まで及び16番の各地域 四條畷市立忍ケ丘小学校 岡山一丁目1番から3番まで21番から25番まで及び57番、岡山二丁目 7番15号から32号まで及び8番から21番までを除く。

大阪府/支援学校一覧

縄文時代中期の遺構面では竪穴住居などは発見されていませんが、どんぐりや木の実などを磨りつぶす道具である石皿と磨石(すりいし)がセットで地面に置かれていたり、磨石(すりいし)が2個と4個、それぞれきちんと並べられた状態で見つかっています。 穴を掘って埋葬した土坑墓(どこうぼ)です。 3月31日 - 大阪府議会、「大阪府第8養護学校」の第1期工事予算を議決。

7
いずれにしても、学校敷地内は縄文人が暮らした村の一角であったことは間違いありません。