北海道 ドレス メーカー 学院。 専門学校北海道ドレスメーカー学院

学校紹介

2011年 浅井洋子院長 北海道学校法人立専修学校協会理事に就任。 マーチャンダイザー• 同年11月、品川区上大崎の現在地に移り、ドレスメーカー女学院と改名。 1995 平成7年 服飾専門課程の本科(1年制)を「服飾造形科」と名称を変更、2年制とする。

5
洋裁師• 『ファッション画』、、発売、2000年6月• 1939 昭和14年 わが国最初のスタイル画教室を開設。

札幌ファッションデザイン専門学校DOREME/専攻科【スタディサプリ 進路】

帽子デザイナー• 外部リンク [ ]• 4月 - 北海道ドレスメーカー女学院にプロフェッション科を設置。 、ドレスメーカー学院、2012年6月28日閲覧。

11
(シンガー・ソングライター)• (平成13年)4月 - 北海道ドレスメーカー学院にファッション専攻科スタイリングコースを設置• 1948 昭和23年 夜間部を設ける。 2013年 本学院の校舎を北方圏学術情報センターポルトへ移転。

ドレメの歩み

1996 平成8年 現代の女性の体型の変化に伴った新しいファンデーション「ドレメ式原型II」を発表。

1
ブライダルコーディネーター• 本科、夜間科を開設• そのほかのデザイン・アート・写真系の職業• 校名も「北海道ドレスメーカー女学院」と改める。

ドレメの歩み

1940年 その情熱的な校風は共感を呼び、生徒数は増加。 2005 平成17年 創立80周年を迎える。 (平成4年)3月 - 北海道ドレスメーカー学院旭川分院を閉校• 1976 昭和51年 専修学校制度の実施により、服飾専門課程の専門学校として発足。

(平成14年)4月 - 北海道ドレスメーカー学院の各科、専攻科を総合企画科、生産技術科、販売企画科、装飾表現科、服装技術科(夜間課程)、時装専攻科に改組• (2年)11月 - 学校法人浅井学園第2代理事長に浅井幹夫が就任• 1963 昭和38年 杉野学園主催、文部省・東京都後援の「全国洋裁デザインコンテスト」(現・全国ファッションデザインコンテスト)第1回を開催。 2012 平成24年 SUGINO HALL完成 2015 平成27年 創立90周年記念式典挙行 2017 平成29年 アパレル技術科、高度アパレル専門科、文部科学省より職業実践専門課程として認定される 2018 平成30年 服飾造形科、ファッションビジネス科 文部科学省より職業実践専門課程 として認定される. カラーコーディネーター• ドレメファッション造形講座5『スーツ』、二宮柊子、発売ブティック社、2002年3月• 2009年 創立70周年記念式典を挙行。

ドレスメーカー学院

2002年 大幅な改組転換に伴う学科再編成を行い「総合企画科」「生産技術科」「販売企画科」「装飾表現科」「服装技術科(夜間課程)」「時装専攻科(3コース)」の5学科1専攻科体制となる。 (昭和50年)• 1957年 法人名称を学校法人浅井学園と改める。 略歴・概要 [ ] (大正15年)3月、当時満34歳のが、の和合ビル(現在の、建物は現存せず)に「 ドレスメーカー・スクール」として開校する。

11
(平成25年)1月 - 北海道ドレスメーカー学院の校舎を北方圏学術情報センターPORTO内(北海道札幌市中央区南1条西22丁目1番1号)へ移転• コレクション名が「北海道ドレスメーカー学院モード・コレクション」となる。 (昭和50年)• (昭和16年)2月 - 北海洋裁専門女学院に改称• 1955年(昭和30年) - 現在の「本校舎」落成• 2月 - 第2代院長に浅井洋子が就任• このときの理事長は、理事にはその妻杉野芳子のほか、、宮崎ナヲエ(宮﨑直江)、(社長)、(双葉洋裁女塾、現在の初代理事長)、(湖山社、現在の創業社長)が名を連ねた。

浅井洋子の部屋

授業内容と施設を整備し、北海道長官の認可を得て、校名を「北海ドレスメーカー女学院」と改称。

15
舞台衣装 学生自らがオリジナルブランドを立ち上げ、ファッションショー、展示会、審査会を行う「:Dcreation(ディークリエーション)」。

専門学校北海道ドレスメーカー学院とは

第3代院長に浅井学が就任。

2
1973年(昭和48年)、創業者のひとり杉野繁一が死去する。

札幌ファッションデザイン専門学校DOREME/専攻科【スタディサプリ 進路】

1981 昭和56年 カステル・バジャック氏の特別講演会を開催。 2014年 創立75周年記念イベントを開催。

20
ランジェリーデザイナー• (平成17年)4月 - 北海道ドレスメーカー学院に造形科(ファッショングッズ、ペットグッズの各コース)を設置。