埼玉 県 生活 環境 保全 条例。 ○埼玉県生活環境保全条例

廃棄物の野焼き(野外焼却)は法律・条例で禁止されています|埼玉県三芳町

二 特定化学物質等 特定化学物質及び特定化学物質を含有する製品であって規則で定 める要件に該当するものをいう。

関連リンク• (1)信号待ちなど道路交通法の規定により停車する場合• 三 自動車排出窒素酸化物 自動車の運行に伴って発生し、大気中に排出される窒素酸 化物をいう。 (2012年5月23日) 5月18日(金)浦和ワシントンホテルにて、第29回通常総会が開催され、5議案が承認可決決定されました。

さいたま市/さいたま市生活環境の保全に関する条例

3 多量排出事業者は、処理計画に基づき、産業廃棄物の減量その他その処理に努めると ともに、処理計画の実施の状況について、規則で定めるところにより知事に報告しなけ ればならない。 補助率は県内最大です。 3 特定化学物質等取扱事業者は、規則で定める特定化学物質等を他の事業者に譲渡し、 又は提供するときは、規則で定めるところにより、その譲渡し、又は提供する相手方に 対し、当該特定化学物質等の性状及び取扱いに関する情報を提供しなければならない。

4
2・・ 2 乗用軽貨小貨普貨8t未普貨8t以上 3 導入率 1 24. 埼玉県生活環境保全条例による規制 条例による規制は、塗装工事業や食料品加工業等の13業種について、上記の臭気濃度によって行っています。 5 前各項の規定にかかわらず、特定有害物質取扱事業者が土壌の汚染の状況の調査又は 汚染した土壌の拡散の防止に係る措置を行わずに第一項に規定する特定有害物質取扱事 業所の廃止又は建物の除却に係る土地の譲渡(借地の場合にあっては、当該土地の返還 をいう。

条例Web : 生活環境保全

埼玉県生活環境保全条例(悪臭関係)に基づく規制地域・規制基準の指定 2. )を遵守していないと認めるとき、指定施設(粉じんに 係るものに限る。 (2011年10月15日) 川口市と鳩ヶ谷市の合併に伴い、浄化槽保守点検業者登録条例施行規制の一部が改正されました。

機械のカタログ 届出の方法 届出書と添付書類を2部(正、副)、直接持参すること。

埼玉県生活環境保全条例(第3節土壌環境及び地下水質の保全)

)その他その適正な処理に関する基本的な計画を 定め、事業者、県民及び市町村と連携してその推進に努めるものとする。 4 第五十二条第二項若しくは第五十三条第二項の規定による届出をした者について相続、 合併若しくは分割(その届出に係る指定騒音工場等に設置する指定施設(騒音に係るも のに限る。 (指定施設の届出に係る事項の変更等の届出) 第五十四条 前二条の規定による届出をした者は、その届出に係る事項(第四項の規定に より届け出なければならない事項を除く。

土地改変者とは 3,000平方メートル以上の土地(農用地を除く。

埼玉県生活環境保全条例に関する届出(土壌環境及び地下水質の保全):久喜市ホームページ

(特定有害物質取扱事業所の廃止又は建物除却時の措置) 第七十九条 特定有害物質取扱事業者は、その特定有害物質取扱事業所を廃止し、又は当 該特定有害物質取扱事業所の建物の全部若しくは建物のうち特定有害物質を取り扱い若 しくは取り扱っていた部分を除却するときは、土壌及び地下水汚染対策指針に基づき、 規則で定めるところにより、当該特定有害物質取扱事業所の敷地の土壌の汚染の状況を 調査し、その結果を知事に報告しなければならない。 3月27日(水)プラザウエスト第6セミナールームにて開催されました。 (2011年11月28日) 24年1月18日(水)15:00より平成23年度第8回理事会が、さいたま市浦和区の埼玉会館4A会議室にて開始されます。

6 地下水の水質の浄化(第84条) 市長は、特定有害物質取扱事業所において特定有害物質を含む水が地下へ浸透したことにより、現に人の健康に係る被害が生じ、又は生ずるおそれがあるときは、ただちに、地下水の水質の浄化のための措置をとるべきことを命ずることができます。

水質汚濁防止法・埼玉県生活環境保全条例について:久喜市ホームページ

2 前項の規定による調査をした特定有害物質取扱事業者は、その結果を速やかに知事に 報告するとともに、公表するよう努めなければならない。 以下この条において同じ。

1
3 前項の規定により汚染処理計画の提出をした特定有害物質取扱事業者は、汚染した土 壌の処理が完了したときは、規則で定めるところにより知事に報告しなければならない。 二 特定機器 前号の規則で定めるフルオロカーボンが冷媒として使用されている機器 で規則で定めるものをいう。

埼玉県生活環境保全条例による自動車対策の概要

汚染土壌処理の実施及び完了の報告 特定有害物質を含む水の地下水への浸透により、人の健康に被害が生じるおそれがある場合、特定有害物質取扱事業者は、地下水の水質浄化措置を講じる必要があります。 )を焼却してはならない。 (外部電源設備の設置) 第四十二条 冷蔵等の装置を有する貨物自動車の貨物の積卸しをする施設の設置者は、ア イドリング・ストップを行っている当該貨物自動車の冷蔵等の装置を稼働させるための 外部電源設備を設置するよう努めなければならない。

)があったときは、相 続人、合併後存続する法人若しくは合併により設立した法人又は分割により当該指定施 設を承継した法人は、当該指定施設に係る当該届出をした者の地位を承継する。

悪臭の規制について

お問い合わせ先 市町村の窓口(各種相談) 市町村では、次の業務を行っています。 ) 規制の内容 規制の内容 県の粒子状物質排出基準に適合しないディーゼル車の運行禁止 対象地域 県内全域 対象車種 ディーゼル車の貨物・乗合(バス)・特種自動車 (ディーゼル乗用車、乗用車をベースに改造した特種自動車は対象外) 猶予期間 初度登録の日から7年間は、規制を適用しません。

12
以下この項において同じ。

トップページ 埼玉県生活環境保全協同組合

)において発生するばい煙を大 気中に排出する者が、規制基準(ばい煙の量又は濃度に係るものに限る。

13
特定有害物質取扱事業所の建物の全部又は建物のうち特定有害物質を取り扱い、若しくは取り扱っていた部分を除却するとき• 2 前項本文に規定する場合において、知事は、同項の浸透があった時において当該特定 有害物質取扱事業者であった者(相続、合併又は分割によりその地位を承継した者を含 む。