アークテリクス ゼータ sl。 アークテリクスのウェアの個人的まとめ。(随時更新)

【2020 性能比較と選び方】ARC’TERYX アークテリクス【おすすめ「シェル」ジャケット】

冬だとダウンパンツを着たりしますが、ゼータ SL パンツだとパツパツになりますね。

6
軽量ながら耐久性を備え、あらゆるアクティビティに対応します。 しかし、ベータslはその薄さと耐久性から、真冬のハードな雪山登山使うのは難しいかもしれません。

【楽天市場】ARC'TERYX(アークテリクス)/#21776 ZETA SL JACKET(ゼータSLジャケット)/dracaena:travels (トラベルズ)

SL=Super Light 耐久性に加え、軽さと持ち運びやすさを重視した、超軽量素材とデザイン。 そこで、生地の点からアークテリクスのジャケットが真冬にも耐えられるのか、考えていきましょう。 また、色に関しても、ネットでは違う展開の色があったり、BEAMSとのコラボ商品などもあるようですので、その辺も確認してみるといいですね。

16
ZETA SLのサイズ感は? アークテリクスでよく言われるのがサイズ感。 ゼータ SL パンツは特に補強されていません。

アークテリクス ベータSL レビュー(ARC'TERYX Beta SL) 普段使いに最適なアイテム!!

アークテリクスには「アークテリクス リーフ」という、 プロフェッショナル用のラインもあります。 まずは 「快適さ」 これについては後ほど触れます。

10
2)立体裁断 ここも選んだポイントでした。

【アークテリクスの新作】ZETA(ゼータ) SLジャケットのレビュー 【ビームスコラボ】

止水ジップポケットは、スマホ収納に便利 ジャケットの両側に止水ジップポケットが付いており、デザインのアクセントにもなっています。 アークテリクスは、ゴアテックスの使用によって、ダウンジャケットのように厚くかさ張ることのないジャケットを作り出すことができたのです。

18
既存の素材では最軽量のものを採用し、どんな天候からもしっかり保護、パフォーマンスと収納性にもすぐれていますが、相応の耐久性もあります。

アークテリクス「ゼータSL ジャケット」の特徴やコーデ写真をブログレビュー【ベータSLのニューモデル】

さて、アークテリクスといえば、まずリュックを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。 一度購入されると長く愛用できますが、やはり値段の高さがネックになりますよね。

13
素材はゴアテックス ハードシェルジャケットといえばゴアテックス! 当然このジャケットもゴアテックス使用。 単純に タウンユースという観点では、むしろ ソフトシェルの方が扱いやすいとも言えます。

アークテリクスのウェアの個人的まとめ。(随時更新)

外部環境との接触ポイントとなる 首回りは非常に 入念にデザインされており、アークジャケットのシルエットを作り出す要点にもなっている。

肝心のサイズ感は?? 182cm65kgの私は、お店に行くまではMかLかなーなんて勝手に思っていました。 sv・ar・lt・slでした。