サピエンス 全 史 要約。 サピエンス全史:歴史年表

『サピエンス全史』を途中で挫折した人に教えたい「本書の読み方」(堀井 憲一郎)

ペルシャ帝国--「全人類のため」の普遍的な政治的秩序。 その答えを「農業革命」と呼んでいます。 カテゴリは人類史で、副題は「文明の構造と人類の幸福」、出版は河出書房新社、原書は『Sapiens: A Brief History of Humankind』。

6
産業革命も勢いに拍車をかけています。

サピエンス全史:歴史年表

ビジネスシーンに関連性の高い多くの事例やケーススタディ、実践的なツールを含み、応用性が極めて高い。 また、 サピエンスは、「農業革命」によって家畜化された被害者であると同時に、加害者でもある。

4
だから「知らなかったことを知る」ことは、好奇心や向上心というエネルギーにもなる反面、「 知らなければよかった」と思うことだってあるのかもしれません。 単体のスペックで見れば、ホモ・サピエンスよりも優秀な「サピエンス」は他にいた。

サピエンス全史の要約あらすじ・虚構を信じる人類の幸福というテーマ

POINT• このターニングポイントを本書では「認知革命 Cocnitive Revolution 」と呼んでいる。 また、株式市場ができることで、銀行以外の人々も投資ができるようになりました。 ですが、なぜその6種類のなかで、なぜホモ・サピエンスのみが生き残ったでしょうか? 別の言い方をすると、なぜホモ・サピエンスは他の5種類の人種を滅ぼせたのでしょうか? 「サピエンス全史」ではその理由を「認知革命」としています。

1
今日では批判されがちな「帝国」だが、 過去2500年間、「帝国」は世界で最も一般的な政治組織で、ほとんどの人類が帝国の中で暮らしてきた。 支配者の考えや物語を広めるため、バビロニアを統治したハンムラビ王は各地に自ら定めた法の石碑を作らせました。

Audibleサピエンス全史(オーディオブック版)ってどんな本?【要約とまとめ】

ニチャァって笑いながら書いてそう。

17
しかし、その当時の個々の人間が、未来の人類の発展のために、自主的に劣悪な環境のなか栄養失調で死んでいく苦しみを受け入れようと思ったわけではない。

サピエンス全史 あらすじ 書評 感想 リアルホラー、ミステリー 認知の進化が人を作った?ユヴァル・ノア・ハラリ

ホモ・サピエンスが唯一生き残っている人類種となる。 上下巻という大作には、実は著者が間接的に訴えたいメッセージ この場合は動物の受難を思いやれ、ということでしょう もうまく潜り込ませることができるのですね。

20
人類はここ500年の間に科学技術に投資すれば自らのできることが増える、と気づくようになりました。 産業革命が変えたもの:コミュニティ 産業革命は国家権力を強め、家族や地域中心のコミュニティを弱くした一方で、個人の力を強めました。

Audibleサピエンス全史(オーディオブック版)ってどんな本?【要約とまとめ】

その革命とは、 7万年前の「認知革命」、1万年前の「農業革命」、500年前の「科学革命」です。 近隣を支配していった結果として大帝国になった場合もあるが、わざわざ海を隔てた遠くの地域を支配しに行こうとは考えなかった。 実際には存在しないもの、虚構の存在や信念、ファンタジーや物語を信じることで全く見ず知らずの人々が協力し合うことが可能となりました。

11
こうした法律や税の納税記録など実用的な文章を記すために文字は使われ、文字を使えることがエリートの証でした。 社会主義の人間至上主義 ホモ・サピエンスという種全体を平等に• それにもかかわらず、人類の経済は近代を通して飛躍的な成長を遂げてきた。