明治 神宮 外苑 ジャングル ジム。 TOKYO DESIGNERS WEEK

5歳児死亡・神宮外苑アートイベント火災、原因は電球か 事故現場の動画拡散に波紋広がる (2016年11月8日)

東京デザインウィークの事件は、小さな子供が犠牲になって相当痛ましかった。 1,230• tv』開始時 - 最終回まで)• 397• 別の作品を出展した大学院生の男性は午後5時過ぎ、ジャングルジムの方から黒っぽい煙がもうもうと立ち上っているのに気づいた。

7
2020年11月13日閲覧。

外苑火災事故、法的責任を問われるのは誰か

午後5時15分ごろ、展示物の1つから火の手が上がった。

加えて、上記の事情が分かってくるにつれ、この事件に対するネット民の憤慨の念は高まっていった。 火災原因は、暗くなったために作品内で点灯した投光器の白熱電球の熱により木くずが発火したと見られている。

明治神宮外苑のイベントで火事があり5歳児が死亡した件で質問です。

2015年より名称を「TOKYO DESIGN WEEK」に変更。 中には亡くなった健仁くんの死体が写りこんでいる動画まで確認できる状況だ。 知識や理解の乏しいアーティストは、時に他人を傷つけ殺すアート作品を作り上げる。

14
東京デザインウィーク最低だな。

明治神宮外苑のイベントで火事があり5歳児が死亡した件で質問です。

燃えたのは「素(す)の家」と名付けられた日本工業大(埼玉県宮代町)が出展した木製のジャングルジムのようなオブジェで、人が中で遊べるようになっていた。

4
152• 男児を焼死させ、助けようとした父親に重傷を負わせたとしている。

「子どもが中に!」ジャングルジムから火の手 神宮外苑:朝日新聞デジタル

午後5時15分ごろ、展示物の1つから火の手が上がった。 フェイスブックを拝見すると、音楽やアート、写真に関する画像が多数アップされており、デザインにも興味があったのでしょう。 2014年には、で開催される「」で、テーマを「TOKYO IMAGINE」として出展予定。

16
この件について、公式サイトは川﨑健二代表による謝罪文を掲載した。 弁護側は「事故以前にも、展示物内部で白熱灯が使われたことはあった」などと述べた上で、「点灯時に出火の危険を覚えるほどの熱量は感じておらず、何らの過失も認められない」と訴えた。

【明治神宮オブジェ火災】木製ジャングルジム5歳男児死亡、日本工業大学元学生2人無罪主張「事故後に打ち上げ飲み会」反省なし

火はまもなく消し止められたが、オブジェで遊んでいた港区港南の幼稚園児、佐伯健仁(けんと)君(5)が全身やけどで死亡。 6人の書類送検容疑はイベント「東京デザインウィーク」で十分な安全対策をとらずに、木製の展示物から出火させ、中で遊んでいた男児を死亡させ、救助しようとした40代の父親にやけどを負わせた疑い。 オブジェ内部には大量の木くずがあり、強いライトが当てられていた。

助けようとした父親もやけどを負うなどした。 防災の備えもなく事故は起きてしまった。