西沢 利明。 峰蘭太郎ファンサイト:西沢利明さん・川合伸旺さん

西沢利明

2時間ドラマでもお馴染の、スレンダータイプの名脇役御三家ではないだろうか(勝手に御三家にしちゃったけど(笑)) 先日見た、藤岡弘さん主演の<白い牙>では、藤岡さんをはめた悪徳刑事の役。 (木谷)• 音楽:• 第4話「悪魔の電話」(1982年) - 竹内部長刑事• ブログ『西沢利明の俳優ノート』を開設し、舞台活動を写真付で紹介していた。 手段を選ばず奉行の座を狙うふてぶてしさと言うか毒々しさが出てました、ホントいいわ~~!唯一つ引っかかったのは、悪事を自分で漏らして、甚造に「そんな事を大きな声で言うもんじゃありませんよ」ってたしなめられてるの。

第14話「純情柳河岸」(1978年)• (横浜のタクシー運転手)• (1963年、NTV) -• 第232話「夫を死刑台に送れ」(1969年)• 俳優で声優の西沢利明さんが11日午前3時8分、膀胱ガンのため死去していたことが16日、明らかになった。 岩淵安男 保安関係の官庁に出入りしていた新聞記者。

黄色い風土

(熱海の和尚)• 「水戸黄門」の悪役などでも知られる。 そして黄門一行を執拗に狙う刺客でもあります。

11
第163話「ゆすり続ける男」(1968年)• (1985年) -• それでも夫婦」(1984年) - まむしの仙之助• 来歴・人物 [ ] 卒業後、に入学するも中退。 海外ドラマ [ ]• (島内輝秋)• 第26話「明日よ、風に舞え」(1983年) - 姉小路直房• (1990年)• (1984年) - 文蔵• 第204話「殺人001監房の男」(1972年) - 南雲捜査官• 病床でのご隠居との対面場面、長患いにしてはちょっと口調がはっきりしすぎのような気がしないでもないですが…。

峰蘭太郎ファンサイト:西沢利明さん・川合伸旺さん

冷静で情があって穏やかな性格の弁護士さんを好演されてます。

19
冒頭で横浜の異人に売り飛ばすはずだった死んでいる娘にとどめをさす場面 用心棒役の有川さんに「やれ!」と言ってとどめをさします。

黄色い風土

その後、料亭で曽根さんと沼田藩江戸家老水田役の西山辰夫さんと3人で密会している場面で女スリに書付を盗まれ、「このことが幕府の大目付にでも知れたら!」と恐れた西山さんに対し、川合さんは「公儀の役人など、金でどうにでもなる」と言って堂々としていたところはなかなか迫力がありました。

」(1990年) - 河原十兵衛• 小説の第二章で、武男と浪子をもじった場面がある。

西沢利明とは (ニシザワトシアキとは) [単語記事]

各役者さんの全ての作品を網羅しているわけではありませんのでご了承ください。 第17話「見習同心・純 白夜に死す」(1979年) - 矢崎陣八郎• 3月28日に胸が苦しくなり入院したところ、当初は右肺の気胸と診断されたが、その後、左肺にガンが転移していることが発見された。 取材の仕事のため、列車に乗ったの若宮四郎は、発車間際に駆けつけた一組の新郎新婦に目を留めながら、へと向かった。

11
(汽車の中の男A)• 第284話「ヨーロッパで顔を失った男」(1970年) - 大原テツヤ• 脚本:• ギャンブル好き。 第329話「屈辱に耐えた夫婦の絆」(1978年) - 塩沢外記• (第12話、第19話、第20話)• 第1シリーズ 第6話「わしは将軍」(1995年)• が、 残念な事に本当の事でした・・・。

西沢利明

(1984年) - 外務次官• (2006年) - コム長官 CDアルバム [ ]• 第19話「裏切り御免」• 牢抜けはいかんと止める源吾に『旦那は南の連中とは違う。 第3話「神田のゆうれい坂を探ります」(1985年) - 佐久間• 第449話「ドック刑事 雪山に舞う」、第450話「ドック刑事 雪山に斗う」(1981年) - 都築良平• 1976年、NHK ジェリー 洋画 [ ]• 第40話「トルコ風呂密室殺人」 - 阿部洋平(東亜建設秘書室長)• 若宮四郎 R新聞社で出している週刊誌の取材記者。 長崎県の県立高校に二人芝居を見せていた時期がおありだったそうで、「毎回真剣勝負ですごく疲れましたけど、それは楽しかった仕事のひとつですね」と述べておられました。

12
第10話「兇悪の骨」(1973年) - 乃木• 」(1971年) - 影山• (2000年)• 第271話「警視庁パトカー盗難事件」(1980年) - 北山捜査課長• (第1話、第2話)• どくろ銭(1984年) -• 阿波おどり」(1993年) - 鳴門屋清兵衛• 関連項目 [ ]• 第19話「浮世絵に死の匂い」(1994年) - 唐麿• (1984年 - 1985年)• 第19話「江戸壊滅の危機! 第5話「炎の女」(1981年) - 濁沼栄一• (2007年)• 11)とは、「」や「」でのテリ系やの「コム長官」役などで知られる・である。

西沢利明さん

愛さずにはいられない(1975年)• そう言えば<怪奇大作戦>ではマッドな科学者、加瀬を演じていた(参照) 西沢さんは時代劇、現代劇、特撮(<宇宙刑事シリーズ>のコム長官)から声の出演、舞台まで幅広い活躍をされている。 第156話「宝石列車襲撃作戦」(1968年)• さすがに威風堂々、趣味のよさそうじゃない成金的な衣装もぴったりでかっこよかった!川合さん、微笑む姿もなんか企んでそうで素晴らしいです。 第56話「殺人ホテル13号室」(1968年)• 」(1980年)• 第3話「風鈴の女」(1997年) - 境屋藤左衛門• (1961年)• すい星激突の恐怖」(1999年) - 黒瀬日向守• (1969年) -• 西沢さんって紫の鉢巻がぴったり。

9
に劇団が分裂すると、フリーとなる。 熱海で若宮との連絡にあたる。