けん ちゃん 豆腐。 香川の冬の家庭料理「万葉のけんちゃん」

香川の冬の家庭料理「万葉のけんちゃん」

の仲間であるマンバ(場所によりヒャッカとも言う)を煮こぼした後、およそ一日水にさらして十分アクを抜いたものに、・・(練り物)・等を入れてにしたものである。 外側の葉から1枚1枚採っても、中から次々に小さな葉が出てきてグングン育ち、そのたびに一回りも二回りも大きくなります。 砂糖を少し加える家庭もあったり、塩や唐辛子などを少し加えてピリ辛風味にする家庭もあります。

スーパーなどにも広く展開し、大豆の優しい味わいがダイレクトに味わえる同メーカーの豆腐は「他の豆腐とは一味違う」との評判。

香川の冬の家庭料理「万葉のけんちゃん」

やさしい味わいなので、まだ離乳食中の龍太郎くんにもあげたら、モグモグとおいしそう。

6
香川県民にとっては、冬の始まりを実感する料理の一つとなっていて、おかずが一品欲しい時などによく出されます。 地域の栄養教室の講師を務めていたほどです。

まんばのけんちゃん

まんばのけんちゃん まんばのけんちゃん(まんばのけんちん)はのである。 豆腐に……メープルシロップだと? どうかしてるぜ! というわけで、ことの真意を確かめるべく、実際に豆腐にメープルシロップをかけて食べてみたのでご覧いただきたい。 そんな万葉を使った代表的な料理が、香川県の郷土料理の一つでもある「万葉のけんちゃん」です。

呼び名の由来は、まんばがつける葉の多さにあります。 ・合わなくはないが…… 感想としては、「合わなくはない……が、合ってもない」というところで、個人的に猛烈プッシュでオススメはしない。

特集2 ほっとするね。おばあちゃんの懐かしご飯(1):農林水産省

型の中で水分を抜く木綿豆腐は、しっかりした食感で、同じ重さで比較すると水分が少ない分だけ栄養がやや多いようです。 豆乳に凝固剤を加えてそのまま型に流し込むのが絹ごし豆腐。 まんばは、葉物野菜が少ない冬場に、たっぷり葉が採れて、収穫期間も長い作物です。

レシピは単純、マジで『ケンちゃん豆腐』にメープルシロップをかけるだけである。

まんばのけんちゃん

塩分表示について 1人分の塩分量が1. 「ほかのひ孫たちも、『まんばのけんちゃん』が好きなんだよ~」と、うれしそうに話してくれた 「まんばのけんちゃん」は、うす味に仕上げるのが秘訣。

8
出来上がったメープルシロップ豆腐は、 一瞬パンナコッタっぽくも見えなくはないが、果たしてそのお味はどんなものなのだろう? 一口食べてみると、とにかくメープルシロップの主張が強い! 豆腐はほぼクセがないから当然だが、ファーストインパクトはメープルシロップの独壇場だ。 他県では、あまり知られていない万葉ですが、香川県では誰もが知るメジャーな野菜の一つです。

香川の冬の家庭料理「万葉のけんちゃん」

水分の多い豆腐を冷凍庫で凍らせると、中の水分が膨張するため、自然解凍後は中に細かい穴が開いたスポンジ状の豆腐になります。 取材協力/日本豆腐協会 TEL. 高菜の一種で、県内全域で食べられます。 醤油味。

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。