サラゴサ 対 デポルティーボ。 ラ・リーガ1部昇格プレーオフの日程が決定…香川真司所属レアル・サラゴサも出場

デポルティーボ・ラ・コルーニャ

最少無失点試合 - 4 ホーム [ ]• フエンラブラダ(勝ち点60)は1試合未消化のまま8位となっていたが、プレーオフ進出の可能性も残しているため、試合の行方は大きく注目されている。 最少得点 - 18• 挙句に、 アルベルダの、 あれがPK?なファウルで、追加点を許してしまいました。 しかし、依然として試合が開催されない可能性も存在すると見られている。

9
競技委員会はホーム&アウェイ方式のプレーオフの日程も決めた。 以下、昇格プレーオフ準決勝の組み合わせ。

リーガ第20節 サラゴサvsデポルティーボ、ベティスvsバレンシア

今季UEFAの大会に出られないデポルティーボをコルーニャまで撮りに行くのは結構勇気がいるので、淡い期待を抱きながらサラゴサへ行った。 イングランドのや、イタリアのや、ドイツのなど、多くの強豪クラブがデポルティーボに敗れているが、特にユヴェントスFCとは短期間に頻繁に対戦して数々の名勝負を繰り広げ、対戦成績は3勝4分1敗と勝ち越している。

12
・フエンラブラダの一行(33名)がラ・コルーニャのホテルに隔離されたことを受けて、リーガは7月23日に予定されていたプレーオフの延期をも決定した。

柴崎岳がスタメン!香川真司との日本人対決なるか?…好調同士のサラゴサとデポルティボが激突

1994-95シーズン開幕当初、イグレシアス監督は同シーズン終了後の退任を示唆していたが、2シーズン連続でリーグ戦2位という好成績を残した。 最多失点 - 34• 即興で、いい加減で、行き当たりばったり、という形容がぴったりの連盟とラ・リーガの今回の対応。 会場:エスタディオ・マヌエル・マルティネス・バレロ ラ・リーガ昇格プレーオフの視聴方法 DAZNではラ・リーガ昇格プレーオフをライブ中継&見逃し配信する。

3位で終えた香川真司所属のレアル・サラゴサも出場するが、フエンラブラダと6位エルチェのどちらが進出するかまだ決定しておらず、試合開催も不透明なことから、今後も混乱は続くかもしれない。

徹夜かな・・: TOKYO FREE DAYS

この頃のスペインではサッカー人口が順調に増加し、多くのプロクラブが誕生し、1929年に全国選手権()が開始された。 ・試合開始の48時間前に当たる7月18日、リーガの規定に従ってフエンラブラダが選手とスタッフ全員にPCR検査を行ったところ、選手1人の陽性が発覚した。

しかし、依然として試合が開催されない可能性も存在する。 シーズン初得点 - () 対戦 2007年8月25日• サッカー終わってからあまり時間がないので、家には帰らずどこかで時間をつぶしてそのままいく予定です。

リーガ第20節 サラゴサvsデポルティーボ、ベティスvsバレンシア

どれも無茶な話に聞こえるが、先月末からアルメリアに感染者が出ていることを考えると、ドラスティックな決断は今、下されるべきかもしれない。 には2000-01シーズンから5シーズン連続で出場し、2003-04シーズンには準決勝に進出した。

16
せっかく復帰したところなのに。

ラ・リーガ昇格POの日程決定!香川真司所属サラゴサも出場…一方で未だ混乱も

は人口約20万人程度の町であり、リーガを制したことのあるクラブの本拠地の中でもっとも人口の少ない町であった。

15
6 シーズン記録・統計 [ ] 得点 [ ]• 最多敗北 - 26• 競技委員会はホーム&アウェイ方式のプレーオフの日程も決めた。

æŸ´å´Žå²³ãŒã‚­ãƒ£ãƒªã‚¢åˆã®é€€å ´ã¨ãªã£ãŸãƒ‡ãƒãƒ«ã€ã‚µãƒ©ã‚´ã‚µæˆ¦ã§9è©¦åˆã¶ã‚Šé»’æ˜Ÿâ€¦é¦™å·çœŸå¸ã¯ãƒ™ãƒ³ãƒå…¥ã‚Šã‚‚å‡ºå ´æ©Ÿä¼šãªã—

() 対 2008年5月11日• 暫定6位エルチェを加えてプレーオフを開催するためである。 ここから先は、リーガらしいドタバタ劇だ。 7月31日、サッカー連盟の競技委員会が、フェンラブラーダの選手たちの大量感染で延期されていたデポルティーボ対フェンラブラーダの開催を指示した。

その競技委員会は、デポルティーボ対フエンラブラダ戦の8月5日開催を「8月3日」に決定するが、デポルティーボの選手たちはすでに休暇に入っておりリーガが定めた「試合48時間前のPCR検査」を受けられない。 そしてラ・リーガは、デポルティーボ対フエンラブラダ戦を現地時間8月5日午後6時に開催すると発表した。

リーガ第20節 サラゴサvsデポルティーボ、ベティスvsバレンシア

1シーズン (現4部、1977年まで3部)• 1906年12月、サラ・カルベット・ギムナジウムのメンバーが現在のデポルティーボ・ラ・コルーニャに相当するクラブを形成し、初代会長にはクラブを命名したルイス・コルニデが就任した。 1987-88シーズンは最終節までセグンダ・ディビシオンB降格の可能性を残したが、最終節の戦ロスタイムにビセンテ・セレイロが得点してようやくセグンダ・ディビシオン残留を決めた。 1997-2006• 7月26日、リーガはデポルティーボ対フエンラブラダ戦を「延期」から「中止」にすることを発案した。

14
予定どおりに進んだとしても、第3の昇格クラブが決まるのは新シーズン開幕のわずか20日前である。