Sql 実行 計画 見方。 SQLチューニングの基盤となる統計情報 (3/4):Oracle SQLチューニング講座(5)

SQLチューニングの基盤となる統計情報 (3/4):Oracle SQLチューニング講座(5)

67となっています。

DELETE STATEMENT• おまけ(コストとANALYZE) の意味について解説しましたが、の後ろにカッコ書きで数値などが記載されています。

津島博士のパフォーマンス講座 第32回 SQL統計と実行計画の出力について

本連載では、データベースに対するハードルを少しでも低くするために、初心者の方に必要なデータベースの基本から、障害対策やチューニングといった実践に即した内容までを幅広く解説していきます。 SQL Serverは実行プランに従って、内部でデータ抽出、ソート、結合、フィルタリングなどの処理を行います。

5
MERGE JOIN CARTESIAN 文中に他の表への結合条件を持たない1つ以上の表について発生する操作です。 Nested Loopsが有効でない場合に選択されることがありますが、メモリを多く消費するのでパフォーマンスが落ちる可能性があります。

実行計画の取得(Oracle)

次の例では、プルーニングを実行しないため、レンジ・パーティション行ソースはパーティション1から5を反復します。 このオプションは、減算が発生する可能性があるビットマップを作成する非否定述語がある場合にのみ使用します。

5
その結果、表アクセス行ソースがサブパーティション1から15にアクセスします。 元のオプティマイザの見積りは、 E-Rows列に示されています。

実行計画の読み方(Oracle)

今回はSQLserverの実行計画の見方についてお話します。 INTERSECTION 2つの行のセットを受け取り、重複をなくして、そのセットの共通部分を戻す処理。

19
FROM ROWIDSは、ROWIDをビットマップ表現に変換します。 BITMAP MERGE レンジ・スキャンの結果の複数のビットマップを1つのビットマップにマージします。

ORACLEの実行計画やチューニングの仕方について

この列の値は、操作に必要なマシン・サイクル数に比例する。 参考書籍 SQLスキルを高めるためのおススメ書籍. SP2-0618: セッション識別子が見つかりません。 使っていない場合はNULL type テーブルのレコードに対して、どのようにアクセスされているかみている。

9
つまりデータの処理の仕方です。

SQL Serverでの実行計画の見積の表示と実行計画を含める方法

ご一読いただき、ありがとうございました。

10
RANGE ソート・キーの範囲を使用して、行を問合せサーバーにマップします。

SQL Server

ステップの出力は、シリアルQCプロセスに戻されます。 Rowsはそのステップが上位ステップに引き渡す行数を示しており、そのステップでアクセスした行数を示すわけではない 個人的には、そのステップでアクセスした行数を示す実行統計値が欲しいのですが・・・ 残念ながらOracleにはそのような統計値はないのですよね・・・ 実行統計の重要性 すでに説明していますが、実行計画の統計値には見積統計と実行統計の2種類があります。 適応オプティマイザは、実行時の統計に基づいて計画を適応させることを可能にするオプティマイザの機能です。

18
Autotrace と Explain Plan の違いは Autotrace は実際に実行し、フェッチして行も取り出します。