丁子 屋 とろろ。 元祖 丁子屋のとろろ汁

静岡市で食事するならとろろ汁の『元祖 丁子屋』へ

メインの大広間は、なんと64畳。

11
祖父に連れられて海外にも行き、知見を広めました。

丁子屋 (ちょうじや)

通されたのは、外から自然光がたっぷり入る畳の大広間。 [夜] ¥2,000~¥2,999 [昼] ¥1,000~¥1,999 支払い方法 カード可 (VISA、Master、JCB、AMEX、Diners) 電子マネー不可 サービス料・ チャージ 土日祝の個室貸切のみ¥1,500のご負担となります。

12
『短冊切り』といって切っただけの一品料理もあります。

静岡市で食事するならとろろ汁の『元祖 丁子屋』へ

とろろ汁を始めた時期は明確ではありませんが、1691年に松尾芭蕉が詠んだ句には、丸子宿のとろろ汁が登場しています。

ここ以外にもたくさん部屋があるので、お昼時でも結構すんなり入れます。 「けんかする 夫婦は口を とがらして とんびとろろに すべりこそすれ」という句が詠まれている 江戸の町人、弥次郎兵衛と喜多八の「弥次喜多コンビ」が東海道で織りなす珍道中を描いた滑稽本『東海道中膝栗毛』。

鞠子宿

浮世絵や和歌に興味のある人なら「丸子宿」とこの外観でピンと来るはず。 まさに、母なる大地の贈り物といえます。

40年ぶりに行ったかやぶき屋根の大修繕や、丁子屋や丸子、の食文化を伝承するさまざまな活動に力を入れています。

丁子屋 静岡(駿河区郊外/和食)

東海道で最も小さい宿場の丸子で、ひときわ風格ある佇まい。

7
看板料理は土つくりからこだわった、自然薯を使った滋味豊かな『とろろ汁』です。

丁子屋

循環型農業の支援にもつながっています。

14
お好みでご用意ください。 日本人なら誰もが聞いたことのある江戸三大文化人に注目された丁子屋のとろろ汁。

【丁子屋(ちょうじや)】静岡の名店でとろろ汁を食べて歴史を感じよう!

「丸子」に何をつけるかでセットが変わりますが、どのセットも魅力的ですね。 おひつからお茶碗に、ごはんをよそいましょう。

丸子宿と言えば、とろろ汁。