キャノン 一眼 レフ kiss。 キヤノン、4K撮影できる一眼レフ「EOS Kiss X10i」発表

キヤノンのエントリー一眼カメラ「EOS Kiss」シリーズ徹底比較

これらの機種の細かな違いについては次の記事をどうぞ。 Bluetooth搭載• 運動会で子どもの撮影をしたい• 予算が20万円くらいあって、カメラ本体に10万以上出せるなら上位機種や、他社の一眼レフカメラ・ミレーレスカメラも積極的に検討することをおすすめします。 。

20
6 IS STM(ブラック)、保証書」が同梱されます。 それと比べるとKiss X9の9点システムは測距点のカバーエリアが狭いので初心者の方だと使いにくいと感じるかもしれない。

EOS Kiss Digital N

EOS Kiss X7 EOS Kiss X9の前モデルの EOS Kiss X7は大ヒット商品。

4
レンズキット/ダブルズームキットには別途レンズが同梱されます。 ミラーレス一眼ですが、画質は一眼レフを超えており画質に拘りたい方にも人気が高いです。

【一眼レフ】ニコンD5600とキャノンEOS Kiss X9の比較

恋人との写真• 人が多いショーパレードでの撮影• 本レンズは非常に人気が高く一眼レフを所有しているのならぜひ持っておきたいレンズの一つです。 画像引用: 自撮りに向いた設定に自動で変わり、モニターをタッチすることでシャッターを切れます。

Kiss MのEVFは、「EOS Mシリーズ」の他モデルと同スペックの約236万ドット表示・0. キヤノンの大人気機種のEOS Kiss X7の後継機種ということもあってよくできています。 このほか、Kiss Mのシーンモードには、シャッタースピードを自動で調整する「流し撮りモード」と、電子シャッターで単写での無音撮影が可能な「サイレントモード」が追加された。

キヤノン、4K撮影できる一眼レフ「EOS Kiss X10i」発表

参考:• 保証書、使用説明書(冊子)など一部写真には記載されていない同梱品があります。 また、上で説明したような初心者でもわかりやすいインターフェイス、AF性能が格段に良くなったライブビュー撮影、バリアングルモニター、Wi-fi・Bluetooth機能などなど、あらゆる面でX9のほうが良いです。 元旦はこんな感じで過ごしております。

6
サイズ・重量 EOS Kissシリーズらしく3モデルとも小型・軽量 EOS Kissシリーズはフィルム一眼レフ時代から小型・軽量ボディで定評がある。

【デジタル一眼レフカメラ】EOS Kiss X5 機種仕様

下位モデルのKiss X9のほうが像は大きいが、Kiss X9iのほうが見え方はクリアだ。 X9のほうが高画質ですがその差は微々たるものです。

14
全体的に性能が高く人気がでる理由が分かりますね。 EOS Kiss X7については次の記事も書いています。

【デジタル一眼レフカメラ】EOS Kiss X5 機種仕様

6 IS II に切り替わります。 8 STMの特徴は、何よりも『写真うまいね』と言われやすいレンズということです。 カメラに対する私のより個人的な評価については次の記事にまとめています。

14
実際使っていてライブビューの撮影が快適で気に入っています。 DIGIC7• ・軽量コンパクト EF50mm F1. このボケ具合がEF50mm F1. Wifi・Bluetoothでスマホとの連携 EOS Kiss X9はカメラにWifi機能が備わっています。

【デジタル一眼レフカメラ】EOS Kiss X2 機種仕様

ちなみに『EF-M』と書かれているレンズはミラーレス一眼用のレンズです。 6 IS STMは広い風景を撮影するのに最適です。

ほかにも 三脚など、あると役立つものについて次の記事で紹介しています。 0 Hi-Speed対応など、高画質と高レスポンスを両立させた。